ITツール

IT tools

新日本科学PPDでは独自のITツールを積極的に活用することで
臨床試験データの質の向上に取り組んでいます。

Preclarus®

Preclarus®は、複数の情報源を統合および標準化し、治験依頼者へ、すべての治験業務および検査等のデータを提供します。
Preclarus®を活用し、治験の質・効率を向上させます。

複数の情報源からのデータを迅速に集積する
複数の情報源からのデータを
迅速に集積する

治験データの迅速な分析は重要であり、より多くの情報をより素早く入手することは治験における治験薬評価に大きく影響します。Preclarus®では医療機関、Lab、被験者さまなどの複数の情報源からのデータを迅速に集積することを可能にします。

重要な臨床データの視覚化

Preclarus®が提供するデータは臨床チームにおける戦略的かつ効率的な治験業務を可能とします。被験者さまの検査データ等をより素早く分析することは患者さまの安全を保証し、さらに治験の質と治験の効率を向上します。

重要な臨床データの視覚化

eTMF

新日本科学PPDでは、治験関連文書(TMF:Trial Master File )を電子的に記録、管理しています。TMFの電磁化は効率・コンプライアンスの向上につながっています。

規制当局査察への迅速な対応が可能
規制当局査察への
迅速な対応が可能

情報の一元管理、プロセスの自動化により、治験関連文書を最新情報に保つことができます。さらに、電磁的保管により治験関連文書の検索性の向上とバックアップが容易となります。そのため、規制当局の査察に対して迅速な対応が可能となり、規制当局からの指摘を減少させることができます。

業務効率の向上

デジタルプロセスを行うことにより、人為的ミスが減少し質の高い業務を行うことができます。電磁的保管によりTMFの閲覧性が向上するため、保管状況を容易に管理ができ、医療機関毎のTMF対応状況確認も可能です。他のITシステムとも連携しており、業務の効率を向上させます。

業務効率の向上
PAGETOP